思いっきり笑えるあなたになれる!特選、インビザラインクリニック【名古屋編】 » インビザラインとは?知っておきたい基礎知識 » インビザライン治療に痛みはある?

公開日: |最終更新日時:

インビザライン治療に痛みはある?

インビザライン矯正は、透明なマウスピース型の矯正器具「アライナー」を用いることで周囲に気づかれることなく歯列矯正が可能な治療方法です。では、インビザライン治療中には痛みは生じるのでしょうか。ここでは、インビザライン治療中の痛みや、痛みの対処法などを見ていきましょう。

インビザラインは痛いのか?

結論から先に言うと、インビザラインはまったく痛みがないというわけではありませんが、ほかの矯正方法と比較すれば痛みを抑えた治療法だと言えます。

インビザライン以外の代表的な矯正方法として挙げられるのがワイヤー矯正です。ワイヤー矯正は金属製の矯正装置を用いるため、装置が口の中を傷つけ口内炎になったり、ワイヤーが飛び出して口内を傷つけたりすることがあるのです。

対して、インビザライン矯正では、患者さんの歯列に合わせた脱着可能なマウスピース型の矯正器具「アライナー」を用います。この器具は金属を用いていないので口内を傷つける心配がありませんし、歯を動かす量も制限しているので痛みを生じにくいのです。

ただし、ほかの矯正方法に比べると痛みは少ないとは言え、インビザラインはまったく痛みがないわけではありません。量を制限しているとはいえ歯を動かしていることには変わりはないので、どうしても痛みは生じます。また、インビザライン治療に用いられるマウスピースは唇や歯に当たりにくいようにできているものの、場合によってはまれに装置が口内に当たってしまうこともあるのです。

総合的に考えると、インビザラインはまったく痛みを生じないわけではないものの、ほかの矯正方法に比べると痛みは少なくて済むということになるでしょう。

インビザラインで痛みを感じる場面

アライナーを初めてつける時

インビザライン治療において痛みが生じるタイミングは、初めてアライナーを装着したときです。特に、これまで一度も矯正治療の経験がない人は、アライナーを装着した際に歯が強く締め付けられるような感覚をしばしば痛みとして感じることがあるのです。痛むほどではなくても違和感をおぼえることは多いでしょう。

アライナーの着脱時

アライナーの着脱時にも痛みを生じることがあります。そもそも、インビザライン治療は歯を動かすために定期的にアライナーを取り替えていく治療です。そのため、新しいアライナーは以前のものとまったく同じ形ではなく、歯を少しずつ移動させていくために少しずつ違う形状になっていきます。新しいアライナーに交換した際には、それが原因で窮屈さや痛みを感じることがあるのです。

歯が動く時

どの矯正方法にも言えることですが、歯が動くことは矯正治療中の痛みの原因の代表的なものです。矯正治療では、歯に長い時間をかけてすこしずつ小さな力を加えることで歯を動かしていきますが、その際にはかならず力を加えられている側の骨が溶け、そのスペースに歯が移動するという現象が生じます。このときに痛み物質が分泌されるので、歯が動く際には痛みを生じるのです。

食事の際の噛み合わせ

矯正治療を始めてから歯が動き始めると痛みを生じるようになります。この時期は、歯の移動による痛みのほか、食事の際に咀嚼することや歯を噛み合わせることでも痛みが生じることがあります。しかし、食事などが原因で生じる痛みは1週間ほどで収まるのであまり気にしなくてもいいでしょう。

アライナーの縁が当たる

インビザライン治療に用いられるアライナーは、患者さん一人ひとりの歯並びに合わせて作られます。そのため、通常アライナーによって口内が大きく傷つくことはあまりないのですが、場合によっては舌や歯茎にアライナーの縁が当たって痛いことがあります。

アタッチメントが当たる

アライナー自体ではなく、アライナーの着脱の際にアタッチメントが引っかかって怪我をしてしまうことがあります。引っかかりやすい場合は、アタッチメントの角を丸めてもらうことも可能です。

アライナーの装着時間が足りない場合

アライナーの装着時間は、おおむね1日20~22時間とされています。アライナーの装着を怠って装着時間がこれより短くなると、歯の移動による痛みが長引いてしまうことがあります。

ゴム掛けをする時

歯列矯正では、顎の位置やかみ合わせを調整するために、顎間ゴムという小さなゴムを用いることがあります。この顎間ゴムは取り替えたばかりだと引っ張る力が強いので、痛みを生じることがあるのです。

インビザラインが痛すぎる場合はどうする?

鎮痛剤を服用

インビザライン治療の際に痛みがあまりにも激しい場合は、鎮痛剤を服用するのがいいでしょう。しかし、インビザライン治療では歯が移動する際にはどうしても痛みが生じるもの。そしてその痛みはあくまで一時的なもので、ほとんどの場合は1日程度で収まるので、治療開始時点での痛みに関してはそれほど気にしなくてもいいでしょう。

食事は柔らかいものを選ぶ

インビザライン治療中には、食事にも気をつける必要があります。特に、治療を始めたばかりのときには歯や顎に違和感や締めつけ感があるので、硬い食べ物を頻繁に摂ると痛みが大きくなってしまうことがあります。そのため、治療中はできるだけ柔らかいものを食べるようにしたほうがいいでしょう。歯への刺激や負担が少ない食べ物としては、オムレツや卵焼きなどの卵料理、冷奴などの豆腐料理、麺料理や煮物などがおすすめです。

歯科用ワックスやヤスリを使用する

アライナーの着脱時にアタッチメントが当たる、アライナーの縁が舌や頬の内側を傷つけてしまうといった場合には、歯科用ワックスやヤスリでの対処が有効です。これらを用いることでアライナーが口内を傷つけてしまうことを防げます。痛みや傷が長引く場合は、アライナーが同じところに当たり続けていることが考えられるので、ヤスリでアライナーの縁を磨いたり、歯科用ワックスで口内を保護したりするのが有効です。

痛みの少ない取り外し方を覚える

アライナーの着脱時に痛みを生じる場合は、取り外し方を改めましょう。口内を傷つけずにアライナーを取り外すには、できるだけアライナーの奥に指や爪を引っ掛けて浮かせるようにしましょう。そして、アライナーの奥を両手で持って左右同時に持ち上げます。口から取り外す際には、かならず片側から剥ぎ取るようにして外しましょう。無理に取ろうとするとアライナーの破損や変形を招きます。

痛みが続くようなら医師に相談を

通常、インビザライン治療による痛みは時間経過で徐々に収まってきます。しかし、場合によっては日常生活に支障が出るレベルの痛みが出たり、痛みが長引くこともあります。そうしたときには我慢せずに医師に相談しましょう。

歯列矯正による歯や顎の痛みは主に歯の移動が原因ですが、それ以外の原因によって痛みが生じることもあります。痛みを取り除くためにはその原因を特定する必要があるので、自己判断でどうにかしようとせず、医師の相談を受けることが大切です。

鎮痛剤を服用しても痛みが改善されない、アライナーを装着・交換してから3日以上痛みが続くといったような状態なら、医師に相談しましょう。

インビザラインプロがいる!
名古屋でおすすめの
クリニック

名駅MA矯正歯科

年間実績 401症例以上  
クリニカルスピーカー
カウンセリング 無料
名駅MA矯正歯科の
公式サイトはこちら

医療法人スワン会
スワン歯科

年間実績 401症例以上  
クリニカルスピーカー
カウンセリング無料
医療法人スワン会
スワン歯科の
公式サイトはこちら
あなたの一番の笑顔を取り戻そう!
笑顔のイメージ

インビザラインを受けるうえで大事なのは歯科クリニック選び。クリニック選びのポイントや名古屋のおすすめクリニックを見てみましょう!